東哉

汲出 (染付・線・口反)

¥3,300 JPY
Stockist:

湯呑みと比べると高さが低く、縁が開いている汲出は、茶の香りが良く立ち、茶会や来客時に使いたい。白い磁器で茶の色も映え、玉露や煎茶などの繊細な色を楽しむ茶にも向いている。薄く軽い作りで上品な佇まい。職人による手描きの線も美しい。


※食洗機のご使用は破損や劣化の可能性があるため、お薦めしておりません。

※電子レンジ可。


歴史やものづくりを支える職人の技など、〈東哉〉の魅力を以下リンク先でもご紹介しています。あわせてご覧ください。

www.arts-science.com/note/tosai/


【東哉】1919年に初代陶哉により洛東清水音羽山麓にて創窯。1936年に東京銀座本店、2000年に京都清水売舗をオープン。伝統的な京焼きを基に、京都の雅と東京の粋を取り入れた創作を続けている。日本文化を活かした四季折々の移り変わりを楽しむ形や模様は、熟練の職人の知識と技術によって意匠されている。