髙仲健一

髙仲宇宙防衛軍

¥8,800 JPY

髙仲宇宙防衛軍をテーマに制作された作品写真が自由にレイアウトされた『TAKANAKA SPACE DEFENSE FORCE』と、同テーマで描かれた4コマ漫画『空想科学四コマ漫画 髙仲宇宙防衛軍』の2冊組の作品集。大きさの異なる2冊が、古い漢籍の書を思わせるような端正な函に入っている。これまで培って来たもの、感じて来たこと全てが詰まった、同氏初の自費出版。500部限定/エディション・サイン入り。


【著者】髙仲健一【判型】H19.2×W13 cm / 19.2×W19.2cm【頁数】62頁 / 48頁(2冊組)【発行日】2020年9月1日【出版社】髙仲自然堂


【髙仲健一】1966年茨城県取手市に生まれる。学習院大学を中退後、漢籍、仏書、日本古典を糧に、独学で書、絵画の制作を開始。1993年千葉県大多喜に自身で薪窯を築き、本格的な陶芸活動を始める。半自給自足の生活を営みながら生み出される作品は、独自の感性やユニークな表現が注目され、様々なギャラリーで個展を開催している。A&Sでは2020年に五回目の展示を開催。