下本一歩

¥2,640 JPY
Stockist:

炭焼き職人でもある竹細工作家の下本一歩による、竹の節をいかしてデザインされた箸。大きさや形など、それぞれに異なる表情が特徴。炭窯で燻されることで独特な色味の表情を見せる。角が面取りされ持ちやすく、箸先は細いため小さなものもつまみやすい。使いやすい軽さも魅力で、菜箸は調理の際、盛り箸は料理を盛り付ける際などで活躍。箸23.5cmは男性用、箸22cmは女性用の箸としてご用意。


※天然素材を使い手作業で燻製・仕上げをしているため、形や色合い、大きさに多少の誤差があることをご理解ください。

※食器洗浄機の使用は控えてください。

※使用後はよく乾かし、通気性のある場所で保管してください。

※長く使用していると、白っぽく毛羽立ちが起こります。気になる場合は、#800程度のペーパーやすりをかけ、植物オイル等を塗ると艶を保つことが出来ます。本品は仕上げにくるみオイルを使用しています。


【下本一歩】炭焼き職人、竹細工作家。1978年、高知県生まれ。2001年に地元高知県の旧鏡村に炭窯を構え、炭焼きの傍ら竹を用いた日用品の制作を始める。素朴で温かみのある竹細工は、全て炭窯で燻されているので、独特な色味に仕上がっている。しなやかで強く、奥深い竹の魅力を再発見したいと、日々ものづくりに勤しむ。